固定IPが使えるSIMの料金

出先で勤務先のパソコンとのデータ通信を行う上で、スマホやタブレットに固定ipが必要、という場合があるかと思います。
その場合、元々利用しているプランに固定IPについてのオプションがない場合、プランを組み替える必要が出てきますが、一体いくらかかるのかという疑問が出てくると思います。
≫ 『固定IPが使えるSIMの料金』

インターネットVPNについて

IT化という言葉が出てきて久しい現在、ビジネス上のデータのやり取りにインターネットを利用することはもはや当たり前になっています。
しかし、インターネットを介して企業内でのデータ通信を行うというのは、セキュリティ面で問題が生じます。
そこで、最近ではインターネットVPNという方式が主流になってきています。
≫ 『インターネットVPNについて』

OCN・ADSLの固定IP8

OCNでは、受信で最大47Mbps、送信で最大5Mbpsの高速ブロードバンド接続環境、ADSLに、8個の固定IPを含めたプラン固定ip8を提供しています。
固定IPを8個も使えるということで、サーバー構築にも非常に役立つ、まさに中小企業などのビジネスには持って来いのオフィス対応形式です。
ADSLのスピードとコストパフォーマンスも、ビジネス向けの仕様と言えるでしょう。
≫ 『OCN・ADSLの固定IP8』

OCN・ADSLの固定IP1

OCNでは、NTTの「フレッツADSL」の回線契約に、1個の固定IPを設けたプラン固定ip1を提供しています。
adsl回線は、受信が最大47Mbps、送信が最大5Mbpsという高速ブロードバンド環境で、光ファイバー通信よりもリーズナブルな値段で利用することができます。
これだけの高速回線を安価に利用できるというのは、コスト面で非常に優れています。
SOHOを含めた業務利用に加え、個人での利用にも非常に適しています。
≫ 『OCN・ADSLの固定IP1』

OCN光の固定IP8について

OCNでは、「Bフレッツ」に対応し、なおかつ割り当て固定IPを8個提供したサービス、「IP8『Bフレッツ』プラン」を提供しています。
NTTの光ファイバー回線、「Bフレッツ」で、ファミリーの通常プランで最大10Mbps、またファミリー100やベーシック・ビジネスプランではなんと最大100Mbpsの高速ネット環境を実現させており、しかも送信・受信変わらずの速度ですから驚きです。
まさに、最善努力を尽くしたOCNならではの高品質回線ですね。
≫ 『OCN光の固定IP8について』

OCN光の固定IP1について

「OCN『光フレッツ』IP1」は、NTTのフレッツ光を利用した、法人向けのサービスです。
会社固有の、インターネット上の所在地を表す固定IPアドレスを1つ設けることで、社員の方などが社内のパソコンへアクセスすることや、安全面の保証された顧客の方のサーバーにアクセスする場合などに重宝します。
また、WebカメラやPOSシステムなどを外部からモニタリングすることができ、防犯対策などにもつながります。
≫ 『OCN光の固定IP1について』

OCNのVPN固定IPについて

VPNとは、「バーチャル・プライベート・ネットワーク」の略称で、本来は広く利用者の間で使われるインターネット回線を介して、一つの会社内など、特定の相手間の通信となるイントラネット回線を拡張するという接続方法のことです。
OCNのVPN、特にインターネットVPNというタイプでは、複数の利用者で回線の一部を共有しているため、専用回線を契約するよりも低コストで利用できるというメリットがあります。
≫ 『OCNのVPN固定IPについて』

OCNの固定IPについて

そもそも、「IPアドレス」とは、インターネット上に無数にある回線の一つ一つに割り当てられた、言わば住所のようなものを指します。
NTT OCN固定IPアドレス」とは、本来、流動的であるIPアドレスを1つに固定して、例えば勤務先の会社などから、自宅のパソコンにアクセスが可能になれば、ファイル送信やリモートデスクトップで操作をすることが可能となり、業務上の利便性などが増すという効果が考えられます。
≫ 『OCNの固定IPについて』

OCNの固定IP申し込み

まず、OCNの固定IPに申し込めるのは、「フレッツ・ADSL」か「Bフレッツ」が開通済みか、既に契約をしており工事日が決定している方のみとなります。
OCNに固定IPを申し込む際には、まず「Bフレッツ」「フレッツ光」などの各種回線を先に申し込んでからという手順になります。
また、各種回線と固定IPを同時に申し込むこともできますが、固定IPの手続きは回線が開通してからという順番となります。
≫ 『OCNの固定IP申し込み』