インターネットVPNについて

HOME » 固定IP導入前に知りたいこと » インターネットVPNについて

インターネットVPNについて

IT化という言葉が出てきて久しい現在、ビジネス上のデータのやり取りにインターネットを利用することはもはや当たり前になっています。
しかし、インターネットを介して企業内でのデータ通信を行うというのは、セキュリティ面で問題が生じます。
そこで、最近ではインターネットVPNという方式が主流になってきています。

VPNとは「バーチャル・プライベート・ネットワーク」の略称で、暗号化したデータを専用の回線で通信する通信経路のことを指します。
通信事業者と契約した専用線を利用するよりも低コストで運用できることから、ビジネス面で非常に有用であると言えます。

専用線の利用契約をして使う通信と比べると、安全面が心もとないように思えますが、心配はありません。
企業で契約した回線の、送信・受信の拠点となる、いわゆるインターネットとLANの境界部分に「回線終端装置」と呼ばれる、データを暗号化して安全にやり取りするための機器を設置し、第三者からのアクセスを制限し、漏洩、改ざんを防止します。
これによって、従来のIP-VPNという形式に比べて、コストを十分の一にすることが実現したとも言われています。

また、昨今では、拠点を置く企業も多い、中国専用のVPNなども定着しつつあり、様々な企業形態に合った利用ができるようにもなっています。