OCNのVPN固定IPについて

HOME » 固定IP導入前に知りたいこと » OCNのVPN固定IPについて

OCNのVPN固定IPについて

VPNとは、「バーチャル・プライベート・ネットワーク」の略称で、本来は広く利用者の間で使われるインターネット回線を介して、一つの会社内など、特定の相手間の通信となるイントラネット回線を拡張するという接続方法のことです。
OCNのVPN、特にインターネットVPNというタイプでは、複数の利用者で回線の一部を共有しているため、専用回線を契約するよりも低コストで利用できるというメリットがあります。

ベースとなる回線にVPN終端装置を設置することで、環境を構築するのが「OCNビジネスパックVPN」となります。
クローズドVPNというプランもありますが、上述のプランよりコストは高くなります。

「自社ネットワークをわざわざインターネット上でやりとりするなんて、セキュリティ面は大丈夫なのか?」という不安の声もあるかと思われますが、そこで、「固定IP」という機能が役に立ちます。
本社サーバーに関して、社内や支店の回線で設定した固定IPアドレスのアクセスを受け入れ、第三者の固定IPアドレスのアクセスを拒否するという仕組みで、安全面での効果を高めるというわけです。
自社内にネット上でアクセスできるメールやWeb、DNSサーバーを運用する際も、固定IPアドレスを用いて運用することになります。